あきののろるにっき

League of Legends(LoL)の日本大会(LJL)における最新環境・メタの考察等を行っていきます。twitterは@AkinoAmaki_LoL

(多分)どこよりも情報過多なSengoku Gaming新ロースター発表会レポート!

先日、Sengoku Gaming(以下、SG)に世界的ブランド力を持つBlank選手とPoohManDuコーチが加入するとの一報が流れました。

このニュースを見たとき、私は真っ先に思いました。「SGよ、どこからそんなゴールドが出てきた?ねこばばか?ずるいゴールド袋から110ゴールドせしめたのか?」

だってBlankですよ!?PoohManDuですよ!?世界中のチームが喉から手が出る程欲しいであろう人材をどうやって!?

きっと、ロゴの骸骨武者が夜な夜なスポンサーの枕元に立っているに違いねぇ。

(そんな疑惑もこの記事を読めば氷解するよ!)

f:id:AkinoAmaki_LoL:20190604005926p:plain

こんな武者が枕元に立ったら、預金通帳ごと渡すと思う。



 

 

 

 

  

ところで、そちらのニュースと同時に、こんなニュースが流れていたのを皆さんはご存じだったでしょうか?

f:id:AkinoAmaki_LoL:20190603020955j:plain

League of Legends部門 新ロースター発表会のご案内

 

SGによる、League of Legends部門 新ロースター発表会のご案内。

この記事を一目見た瞬間、あきのは思いました。「全世界を犠牲にしてでも見に行きてぇ。」
しかしよくよく見ると↓↓

f:id:AkinoAmaki_LoL:20190603020952p:plain

こちらの発表会は取材・報道関係者の方のみご入場頂けるイベントとなっております。




「こちらの発表会は取材・報道関係者の方のみご入場頂けるイベントとなっております。」
「こちらの発表会は取材・報道関係者の方のみご入場頂けるイベントとなっております。」

 

 

 

 

 

     糸冬

---------------------------

 制作・著作 NHK

 

 

 

 


そんなわけで、一介のツイッタラーに過ぎない私はしょんぼりと先週末を迎えていたのですが、SGのマネージャーの土屋さん(Twitter:@R_T_0713)から突然連絡が。
曰く、「来週火曜日に新ロースター発表会を催すんですが、来れたりしますか?」と。
私はすぐさまこう返しました。「行きます」と。

 

みなさん、SGは、お財布事情をずるいゴールド袋と表現したりロゴの武者をイジったりするツイッタラーでも快く招待してくださる素晴らしいチームです。これだけは真実を伝えたかった。

f:id:AkinoAmaki_LoL:20190603222914j:plain

やったぜ。


なお、火曜日は朝から晩まで割とヤバいレベルでヤバい内容の仕事が詰まっていましたが、Faker選手ばりの華麗なシュリーマシャッフルで全て向こう側へ投げやりました。多分人生最高のシュリーマシャッフルになると思います。

 

 

1.あきの、あきばの大地に立つ

東京は秋葉原神戸在住のあきのは新幹線ではるばる東京までやってまいりました。
ところで、ここがどこかわかりますか?

f:id:AkinoAmaki_LoL:20190604160502j:image

ここが本日の会場、e-sports SQUARE AKIHABARAでございます。

LJL2015のオフライン観戦イベントをやったりと、LJLとは古くから関係の深いところであるこの地で、SGの新ロースター発表会は行われます。
それにしてもまさかBlank選手やPoohManDuコーチを生で見られる機会がシーズン開始より先に来ようとは。

とんでもない運の使い方をしてしまったので、もう一生私のLoL人生においてツイステッド・フェイトのパッシブは1ゴールドしか落とさないでしょう。でも後悔は無ぇ。

 

2.会場にはおどろきがいっぱい

開場は午後1時30分、発表会は午後2時からだったので少し時間が。

周りを見渡してみると、スーツを着用された方(記者の方々)や有名ストリーマーの方々ばかりで、あきのがここに立っているのは非常に場違い感が。

私、ほんとにここにいていいのかしら。。。

そんなこんなしているとあっという間に午後2時。新ロースター発表会が始まりました。

 

3.新ロースター発表開始、ニューフェイスの紹介

(1)代表取締役からのスピーチ

最初に代表取締役の岩元さんから以下の通りスピーチがありました。

・LJLのリーグ体制変更に伴う1部チームの公募に無事通過し、今年1月からLJLへ挑戦し始めた。
・今期は多くのスポンサー支援も賜り、大型選手の獲得も出来た。今季はLJL優勝、そしてWCS出場を目指していく。
・新スポンサーとして、株式会社QTNet企業サイト)とサントリー企業サイト)に加入いただいた。
Blank選手とPoohManDuコーチの加入については、代表取締役が韓国に行ってBlank選手と直接交渉した。PoohManDuコーチはBlank選手が推薦し、加入した経緯がある。

そんなスピーチの後、岩元さんからBlank選手とPoohManDuコーチにユニフォームの授与が。


f:id:AkinoAmaki_LoL:20190604170837j:image
f:id:AkinoAmaki_LoL:20190604170840j:image
f:id:AkinoAmaki_LoL:20190604170833j:image
f:id:AkinoAmaki_LoL:20190604170843j:image

 

PoohManDuコーチ、体格が良すぎてユニフォームがパッツンパッツン。まさかのボタンを留められない事態が発生。 

(2)新メンバーの紹介。Blankかわいすぎ!

概要は以下の通りです。(カッコ内はツイッターアカウントのリンクになっています)

①Blank選手(@Blanklol98)

当日のコメント:はじめまして、わたしはせんごくゲーミングのじゃんぐる、Blankです。どうぞよろしくおねがいします(ここまで日本語)。今回LJLでいい成績を収めてファンの期待に応えたいと思います。

 

日本語でお話ししてくれました!かわいすぎる。

Blank選手は言わずと知れた元SKT所属の超一流ジャングラー。満場一致でLJL史上最高のビッグネームでしょう。
彼については、経歴等をまとめた記事を以前執筆しましたので、是非ご覧ください(ダイレクトマーケティング

 

akinoamaki-lol.hatenablog.com

 

②PoohManDuコーチ(@pmdlol)

当日のコメント:こんにちは、SGに入ったPoohManDuです。Summer Splitということで、WCS出場を目標に頑張りたいと思います。

元SKT・iG・MSFでコーチをしていた、言わずと知れた超一流コーチ(現役時代はSup)。
彼については、経歴等をまとめた(以下略

 

akinoamaki-lol.hatenablog.com

 

 

なお、ロースター発表会には出席されませんでしたが、以下の方々もSGに加入されています。

③DonShu選手(当日不参加:@ookiiki8659)

TopレーナーのSubとして加入。
(同選手については前情報が非常に少なく、収集しきれませんでした、ごめんなさい!)

④Eugeo選手(当日不参加:@AurEugeo)

MidレーナーのSubとして加入。
今年から開催されている、新たなプレイヤーを発掘するための公式イベント「Scouting Grounds」に出場し、SG所属を勝ち取った異色の経歴の持ち主です。(これからは当たり前になっていくのかしら。。。)
リサンドラ、エイトロックス、カシオペア、イレリア、カミール等の幅広いチャンピオンプールを持ち、上述のScouting Groundsでは見事なリサンドラのプレイを決める等、将来有望な選手と言えるでしょう。

↓に参考となるTwitchのクリップを張り付けているので是非ご覧ください。

clips.twitch.tv

 

Karenさん(当日不参加:@K4ren123)

Karenさんは過去にV3 New Generation(V3 Esportsの二部チーム)に所属し、JGとして活躍されていた韓国人の方です。
KRサーバでもマスター帯まで上り詰めた実力を持ち、かつ日本語・韓国語共に流暢であることから、今回、チーム内の通訳として加入することとなりました。
eSportsにおける通訳には、単なる言葉の翻訳能力のみならずゲームに関する深い知識が必要となるわけですが、その点でもKarenさんは十分に条件を満たしているといえるでしょう。

 

4.既存メンバーの紹介、そしていつものOdduGi

ここからは皆さんご存じの選手やコーチということで、選手については昨季での活躍シーンをピックアップ、コーチについては簡単な紹介だけにとどめたいと思います。

(1)Reiya選手(@reiya888)

当日のコメント:はじめまして、Reiyaと申します。
Summer SplitはBlankとPoohManDuがいるので、個人としてもチームとしてもとても成長できると思う。よろしくお願いします。

Reiya選手の使うブラッドミアのダメージに注目!

clips.twitch.tv

(2)Taka選手(@Akat_lol)

当日のコメント:昨季のSpring Splitでは対面が上手で怯えてしまっていた。Summer Splitは更なる練習を積んで、BlankとPoohManDuから学んでアグレッシブに戦いたい。

Taka選手のヤスオがエルダー周りで輝きます。

clips.twitch.tv

(3)OdduGi選手(@SG_Oddugi)

当日のコメント:おはようございまーす。前のシーズンは残念だったけど、今シーズンは本気で優勝を目指すから、俺たちのSengokuを応援してください。お願いしまーす!

可愛すぎか。死ぬかと思ったわ。

 

そんなOdduGi選手の、当時全くメタでなかったケイトリンを使ってのこのキャリー!

clips.twitch.tv

(4)Raina選手(@rainadazo)

当日のコメント:春とは違う姿をお見せしたい。優勝目指して頑張ります!

実はOdduGi選手と同じ場面なのですが、彼のパイクを見てください。相手のヴァルスのダメージを敢えて食らいに行ってOdduGi選手の前に釣り出した後、フラッシュインしてきたタム・ケンチに正確なUlt、そして最後のフラッシュインQ!

clips.twitch.tv

(5)Maplestreetコーチ(@maplestreetlol)

当日のコメント:Blank選手とPoohManDuコーチが入ってとても嬉しい。Summer Splitも頑張ります。

MaplestreetコーチはかつてLCSの様々なチームを渡り歩いてきたベテランのカナダ人ADCであり、2017年から日本においてコーチを務め始めた方です。
そして、実はLCSの名門チーム、Team SoloMidの往年の名プレイヤー、TheOddOneさんのご兄弟でもあります。
性格は温厚で、人を怒ることができないそう。

 

なお、ロースター発表会には出席されませんでしたが、PascalコーチもSGに在籍されています。

(6)Pascalコーチ(当日不参加:@vvhik)

PascalコーチはかつてUnsold Stuff Gamingのコーチを務めていたオーストリア人の方ですが、若くして難病を発症してしまい、一時期は病床に臥せっていらっしゃいました。
しかし現在は、薬による療養やセラピー等のおかげで病状が安定し、再びコーチとして活躍されています。
参考記事:https://jp.lolesports.com/news/spring2017r10m3

 

5.質疑応答

 本日出た質問とその回答は以下の通りです。

(1)韓国から二人の強力な仲間が加入したが、コミュニケーション面の問題はどうやって解消するのか?

チーム内では韓国語、日本語、英語が使われていて、OdduGiが日本語・韓国語の翻訳ができる。Blankも来日以来、ずっと日本語を勉強している。Maplestreetコーチも毎朝一時間日本語の勉強をしているし、それでもわからないときはTaka選手が日本語・英語の通訳をしている。チーム内のコミュニケーションに問題はない。

(2)Blank選手には色々なチームからオファーがあったと思うが、なぜSGへ加入したのか?

一番真剣に、きちんとオファーをしに来てくれて心が動いた。日本は韓国に近いし、良い成績を出せると考えてもいる。

(3)LJLの一部リーグでは上位3チームが猛威を振るっているが、それらのチームの打倒に向けての意気込みをPoohManDuコーチに聞かせてほしい。

LJLではDFMが一番強いと聞いている。だがSGにもBlankが入ったし、それ以外の選手も上手なので十分上位を狙えると思う。

(4)Blank選手とPoohManDuコーチの契約期間は半年か?一年か?

現在のところ、夏シーズンのみの契約となっている。

(5)PoohManDuコーチは様々な国でコーチを担ってきたと思うが、昨季まで所属していたLEC(ヨーロッパリーグ)と比較してLJLはどう違うか。

日本は他の地域に比べて実力がどうしても劣るという部分があるが、一方で選手のマインド、学ぶ姿勢が長所。だからこそ実力を上げていくことができる。

(6)既存メンバーに聞きたいが、Blank選手と会ってみてどんな人柄だと感じた?

Reiya選手:優しい。有名選手ということで、やはり最初はとても緊張していたけど、優しく接してくれた。
OdduGi選手:一緒に勉強するだけでモチベーションが上がるから、チーム内も優勝を目指す雰囲気になれている。
Raina選手:試合中にコミュニケーションをとってくれるのでやりやすい。あと、この間一緒にカラオケに行ったが非常に上手かった(笑)
Taka選手:来日二日目にはデパートに一日中一緒に行くくらい仲の良い友達になった。二日前は自転車で一緒に出かけたりもして。試合中は厳しく怒られるのでそこは直していきたい!
Maplestreetコーチ:Blankはとてもフレンドリーで、あとめっちゃスタバ好き。

ちなみに、Blank選手から見たチームの印象は「チームメイトはみんな優しく、礼儀正しい。それに、早く自分が日本に慣れるように気を遣ってくれている。おかげさまで日本語も徐々にできるようになって来たと思う。生活するのも楽になって来た」とのことでした。

(7)ファンからの差し入れで、どういうものをもらえれば嬉しいか?

Blank選手:観戦にきてもらえるだけで嬉しいので、こっちから指定するなんて……(謙遜)
Reiya選手:何をもらっても嬉しいけど、あえていうなら食べ物!
OdduGi選手:私と同じくらいの笑顔でファンミーティングに来てくれるのが一番嬉しい!
Raina選手:何をもらっても嬉しいけど、特にビーフジャーキーをもらった時が一番嬉しかった!
Taka選手:前シーズンは韓国人プレイヤーばっかり差し入れをもらってたから、何をもらっても嬉しいです(自虐)
Maplestreetコーチ:前シーズンはコーチは忘れ去られて何もプレゼントがなかったので、今期はPoohManDuとMaplestreetにもお願いします(笑)
PoohManDuコーチ:試合はスタッフというよりも選手のものなので、選手が欲しいものをあげてほしい。

(8)今季、DFMに対してどう戦っていくかをコーチにお聞きしたい。

PoohManDuコーチ:MSIの試合を見た。特にTopのEvi選手はKRラダーも高く、非常に上手いと思っている。だが、SGにはBlankも入ったし、実力の伸び代もあるので、十分戦えると考えている。
Maplestreetコーチ:前シーズンはDFMに勝てて嬉しかった。今回はTakaとRainaというルーキーがいて実力の伸びしろがあるので、DFMにも勝てると思う。

(9)各メンバーが参考にしている選手はいるか?

Taka選手:Fakerの配信を見ている。ただ憧れはCaps(MSIで優勝したG2のMid)。
Raina選手:いろんな選手を見ているが、最近はDFMのGaeng選手を参考にしている。
OdduGi選手:(聞き取れず。。。すみません!)
Reiya選手:Kiin選手、Khan選手(共にLCK(韓国リーグ)で活躍するTopレーナー)。
Blank選手:特にLPL(中国リーグ)にいる韓国人JGを見ている。

(10)Blank選手が思う、現時点で世界最高のJGは?

直近のMSIで優勝したG2のJG、Jankosが一番強い。

(11)LJLの中でライバル視している人は?

Blank選手:まだLJLのプレイヤーをそんなに知らないというのが正直なところ。だが、DFMが一位なのでライバルと考えている。
Reiya選手:ライバル視している人はいない。
OdduGi選手:Once(BCのJG)と仲が良いので絶対負けたくない!
Raina選手:どの選手もライバル視しているが、特にGrendel選手。同じ時期にデビューしたので。
Taka選手:昨年、2部だったときにボコボコにされたので、以前はHollis選手だった。でもこれからはDasher選手(USGのMid)だと思っている。

(12)Blank選手、オーナーが韓国にきたときの状況を教えて。

オーナーが韓国にまで来て、直接話をしてくれた。きちんと「あなたがチームに必要」と説明してくれたので、心が動いた。

(13)世界大会で優勝経験のある選手として初めてLJLにきたが、そこについて思うことは。

WCSの優勝経験は気にしていない。LJLという新しい環境で戦いたいという気持ちが強い。

(14)日本で大暴れするという噂になっているがその点どう考えるか。

日本で大暴れできるかを判断するのは時期尚早だが、最大限頑張り、もちろん優勝を取りに行く。「優勝以外は意味がない」と考えている。

(15)PoohManDuコーチの加入の経緯があまり明らかになっていないので教えてほしい。

いくつかのチームからオファーがあり迷っていたが、その際にBlankから誘いがあった。Blankは同じチームに所属していた時期もあり、昔からよく知っている選手なので一緒に戦えるのは安心だと思ったし、LJLでも良い成績が収められるのではないかと思って来た。

(16)今期の意気込みをひとことで教えて欲しい

Blank選手:日本に来ることができて嬉しい。これからやることは山積みだが、WCSに出たいと思っている。
Reiya選手:力強い仲間ができたので、優勝目指して頑張りたい。応援よろしくお願いします。
OdduGi選手:Spring Splitよりファンが喜ぶ、燃え上がる試合をして優勝したい!
Raina選手:プレッシャーもすごいが、優勝します!
Taka選手:今期は相手が誰であっても、自分の思う通りのプレイを続けていきたい。
Maplestreetコーチ:選手の成長を楽しみにしている。みんな才能を持っているので。
PoohManDuコーチ:いい選手たちに恵まれた。優勝目指して頑張ります。

 

6.フォトセッション

完全にファンボとして参加しました。憧れのPoohManDuコーチが目の前に!

選手やコーチには、MSIの会場でもらったミィプ(バードの後ろをついて来るひよこみたいなの)の人形を持ってもらいましたー!

f:id:AkinoAmaki_LoL:20190604171044j:image
f:id:AkinoAmaki_LoL:20190604171048j:image

f:id:AkinoAmaki_LoL:20190604171011j:image
f:id:AkinoAmaki_LoL:20190604171000j:image
f:id:AkinoAmaki_LoL:20190604171008j:image
f:id:AkinoAmaki_LoL:20190604171004j:image

 

あと現場でReiya選手と話題になったんですが、OdduGi選手とヤドンがめちゃ似てる。

f:id:AkinoAmaki_LoL:20190604171425j:imagef:id:AkinoAmaki_LoL:20190604171443j:image

7.おわりに

近頃はDetonatioN FocusMeにばかり脚光が当たっていた LJL界隈でしたが、実は私、「最近SGすごいなー」と思ってました(いやほんとに

というのも、広報戦略やチームのブランディング戦略が非常に洗練されてきたと感じるんです。(広報関係の知見のある方が加入されたのかな?と思うくらい。)

九州は福岡という、LJL唯一の非関東圏チームであることを活かし、「地元密着型」のチームであることを魅力にしたり、

世界的知名度を持つBlank選手とPoohManDuコーチを同時に引き入れてチームの知名度を一気に引き上げたり、

e-sports SQUARE AKIHABARAでロースター発表会をすることでメディアに周知したり。

一昔前のLJLシーンでは考えられなかったメディア露出やブランディングがなされており、良い意味で「eSportsをうまく商業化している形態」の一つなのかなと思っています。

 

昨季は4位となり残念ながらプレイオフには進めなかったSGですが、今季は台風の目、どころか本命として名乗り出てもおかしくありません。

そんな、強い・魅力的なSGが出場するLJL Summer Split 2019は6月15日(土)午後1時からスタートです。

初戦はSG vs AXZ。まさかの一発目から!

LJL開幕まであと10日。ワクワクしながら一緒に待ちましょうー!